お知らせ

★インフルエンザワクチンが若干ですが緊急に入荷しました。12月1日より問診票を販売します。1回5,000円(税込み)大人、こども共通【13歳未満2回接種】です。ご希望の方は一般診療の時間帯に受付までお越しください。(水曜日の午前と土曜日の午後は販売致しませんのでご了承ください。


★長引く発熱などの症状で心配の方は、直接来院せずに必ず電話でご相談下さい。看護師が屋外でトリアージの上、必要に応じて一般待合室とは離れた別のお部屋にご案内致します。


★横浜市に住民票のある65歳以上の高齢者の方は、当クリニックで無料でいつでもインフルエンザワクチンを接種できます。該当の方がいらしたら是非教えてあげて下さい。


★年内の診療は12月29日(火)15:00まで、年始は1月5日(火)から通常診療いたします。


Web問診について


当クリニックで工夫している新型コロナ対策について


★保育園の入園前健診や保育園、学校に提出する「アレルギー疾患生活管理指導表」作成、更新をご希望の方は、早めに御相談下さい。


★病児、病後児保育の書類は、即日その場で短時間で発効出来ます。


今週のトピック

先週、やっと入荷した「インフルエンザワクチン」の接種希望者を追加募集として急遽LINEメールで発信したところ、その日のうちに完売してしまいました。残念ながら、今回接種券を購入出来なかった方は、今後もタイムリーな情報をいち早くお届けする予定ですので、ぜひ登録をお願いします。こちらから登録ができます。



インフルエンザワクチンの接種を行っています。「前売り接種券」が必要です。お持ちの方には、ご希望の日の1週間前からWEB予約が可能です。ご希望の接種日が決まっていれば早めに予約をお願いします。それぞれの接種日には、人数上限枠を設けていますが、日にちによっては予約が一杯になってしまうことがありますのでご注意下さい。

「子宮頸がんワクチン」につての大切なお知らせです。10月9日に厚労省が、子宮頸がんワクチンの定期接種対象者及びその保護者にきちんとその接種必要性の判断をして頂くためにリーフレットを改訂しました。国民の皆さんの判断で定期接種が出来るという内容です。詳しくはこちらをご覧ください。若い女性の死因の中で、子宮頸がんは乳がんに次いで恐ろしい病気です。平成16年4月2日から平成17年4月1日にまでに生まれた女の子の公費(無料)で接種可能な期間は、2021年3月31日までで、それ以降は自費(15,000円位)になります。ワクチンで予防できる病気で命を落とさないように!!



鼻づまりで苦しそうな乳幼児のお子さんが増えてきました。急に寒くなって鼻水が出た後、そのまま鼻腔内で乾燥して固まってしまって呼吸が苦しくなっているようです。適切な処置や投薬で改善しますので、ご希望の方はいつでもご相談下さい。

秋から冬にかけて流行する「嘔吐、下痢症」(ノロウイルス)の患者さんが、少しずつ増えています。新型コロナ対策と同様、ウイルスなので「マスク、手洗い、うがい」で予防ができます。家族内感染には気を付けましょう。

10月1日から予防接種のスケジュールが大幅に変更になりました。詳しくは、ワクチン最新情報をご覧ください。また、本年8月1日生まれ以降のお子様は、ロタウイルスワクチンの公費対象になりました。公費で受けるには14週6日までに初回のワクチンを終了する必要があります。予約は随時承っています。わからない事があれば、受付までお電話下さい。