扁桃炎

寒暖の差が激しくなる季節は、空気が乾燥して喉がカラカラの状態になります。体力のある人は平気なのですが、免疫力の弱いお子さんや体調を崩している時、長時間寒い場所にいたり、ストレスが溜まっている人、また刺激の強いモノを食べたりして喉に刺激を与えすぎると、もともと喉の粘膜に潜んでいる溶血性連鎖球菌や、インフルエンザ菌、黄色ブドウ球菌、肺炎球菌などの細菌が増殖し、喉の粘膜に炎症を起こします。

「あー」と言いながら大きく口を開けて、鏡で喉の奥を見てみると、扁桃の両側の壁が真っ赤になっていたり、白い斑点がついていれば、扁桃炎です。

扁桃炎は、40度近くの高熱が出る上に、何もしていなくてもヒリヒリするような辛みで、非常に苦しく、食事も摂れないようになります。特に冬は、高熱が出る病気としてインフルエンザと間違われることが多いのですが、インフルエンザと違って、扁桃炎の場合は、喉の痛みと高熱が主な症状で、起き上がれないほどの全身の倦怠感や関節痛といったインフルエンザ特有の症状はありません。しかし、早めに治療しなければ、中耳炎を併発したり、食事が摂れなくて脱水症状に陥ることがあります。

主な治療方法

扁桃炎の治療は、その原因となる細菌を退治できるような抗生物質と喉の炎症を抑える薬、解熱剤、うがい薬を使います。特に熱が高い時は解熱剤を使って熱を下げるとともに、喉の炎症を積極的に抑えると比較的速やかに症状が軽減されることがあります。場合によっては抗生物質の点滴をすることもあります。

また、効果の期待できるうがい薬で良くうがいすることも大切です。室内は加湿器なので十分な湿度を保ち、できれば日常茶飯事マスクをして喉が乾かないようにすると、痛みが楽になります。

喉が痛い時は、何も食べられないでしょうが、冷たい牛乳やヨーグルト、アイスクリーム、ゼリー、冷製スープ、一日分のビタミンが取れるようなゼリー状の飲み物なら割と食べやすいと思います。できるだけ水分は摂ったほうがよいので、一番飲みやすいものを少しずつでも口にするようにしましょう。