四種混合ワクチン

2011年11月から、不活化ポリオワクチンが一緒にはいった、四種混合ワクチンが受けられるようになりました。

四種混合は、今までの3種混合ワクチンに不活化ポリオワクチンが加わったものです。

つまり、四種混合を受ければ、ポリオを別途受けなくても、一気にこれらたくさんの予防接種を終わらせることができる点がメリットです。

四種混合ワクチンは生後3ヶ月から受けられます

3~8週間の間を開けて3回接種し、1歳を過ぎて初回免疫終了後、6か月以上たったら1回追加接種します。

いつ頃受ければいいの?

生後2カ月からヒブ肺炎球菌B型肝炎ロタを始め生後3カ月から四種混合を受けるスケジュールが理想的です。

詳しくは横浜市のホームページをご覧ください。

尚、11歳になったら、破傷風とジフテリアの二種混合ワクチンを追加接種することを忘れないようにしてください。