中野こどもクリニック 中野こどもクリニック
よくある質問集
 
アトピー性皮膚炎
 
アトピー性皮膚炎の症状
 
アトピー性皮膚炎とは、ハウスダストやダニなど、アレルギーを引き起こす物質が引き金になって起こる皮膚炎です。
赤ちゃんの頃はジクジクした感じの湿疹が顔や関節の内側に出来たり、頭に油のかたまりのような湿疹ができやすい特徴がありますが、幼児期になると乾燥肌になっていきます。
 
アレルギー体質の子供は、年々増加傾向にあります。今までなんともなかったのに、突然症状が出てくることもよくあります。
 
冬場は、特に肌が乾燥して強いかゆみが起こります。夏場のように汗でかゆくなることは少ないですが、乾燥した皮膚をかくとフケのようにパラパラと落ち、さらにかき続ければ傷になってしまいます。
 
とても肌が敏感になっているので、ちくちくする服やぬいぐるみに接触して、余計に症状が悪化することもあります。ひどくなると、熟睡できなくなったり、イライラして遊びにも熱中できず、泣いたり不機嫌になったりすることもあるようです。
 
アトピー性皮膚炎の予防、治療
 
皮膚が敏感になって炎症を起こしている状態ですので、スキンケアや軟膏(なんこう)治療が基本ケアになります。冬場は特に乾燥を防ぐために、加湿器を使ったり、保湿効果のあるクリームをこまめに塗るなど、保湿を心がけましょう。
症状の変化に応じて軟膏治療を工夫できますので、当クリニックで相談してください。
 
食物アレルギーが強く関与している場合は、アレルゲンとなっている食品を探して制限することが必要となることもあります。この場合には、抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬が主に使われます。
 
またハウスダストやダニをできるだけ除去するために、掃除機をこまめにかけてよい環境を作りましょう。

 

抗アレルギー剤

 

抗アレルギー剤とは、アレルゲンが体内に入ってからでもアレルギー反応を途中で抑制することができるものです。どのようなポイントで作用するかによって、様々な薬があります。
 
食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、気管支喘息などに対して使う場合は、効果はすぐには現れないので、中長期的に使います。抗アレルギー剤は、とりあえず1ヶ月以上は使ってみて、その効果を観察していくので、最初からどのくらいの期間使用するのかの見通しがなかなか立てられないこともあります。 
 
抗アレルギー剤については、院長と良く相談し、きちんと理解して使っていきましょう。
 
ステロイド

 

ステロイド軟膏は弱いものから強いものまでたくさん種類があります。医師の指導のもとに使えば、これ程強い味方はありません。漫然と使い続けるのではなく、メリハリをつけて指示通り使用してください。そうすれば副作用の心配はまずありません。診察の時に詳しく説明します。
 
*本文は、「おともだち」2003年12月号に掲載された記事から一部抜粋しています。